公立久米島病院



島のほぼ中央部に24時間救急外来の公立久米島病院があります。
久米島は周囲約48kmで、交通渋滞もないため、 宿泊ホテルを含む島のほとんどの地域から車で30分以内に公立久米島病院に着くことが見込まれます。

  


公立久米島病院 小児科医 渡辺先生のメッセージ

こんにちは、公立久米島病院小児科の渡辺幸です。平成23年4月から久米島病院に赴任し、島のこどもたちと島の大自然に癒されながら、島の小児医療に日々奮闘しております。

公立久米島病院は島のほぼ中央部に位置し、内科・外科・小児科の常設科と約40床の入院施設があります。時間外は24時間救急体制をとっており島内の方々や、旅行で訪れた方々の緊急時にも対応できるよう努めております。

食物アレルギー対応旅行でも旅行に来られたみなさんが安心して過ごしていただけるよう、コンシェルジュとお客様の情報を共有し随時連絡をとりあっています。滞在中お子様に何か気になる症状がありましたら遠慮なく受診されてください。

 

公立久米島病院の医療体制ついて(久米島)

■食物アレルギー発症時の救急外来

公立久米島病院は、24時間救急外来を整えており、万が一、島内においてアナフィラキシーショック等が起きた場合は、救急で処置します。ただし決して「アナフィラキシーショックが起きても万全の体制で対応できる」ということではありません。

食物アレルギーのアナフィラキシーが起きた場合、公立久米島病院での救急対応としては、症状に合わせて、

  • ボスミン、エピクイックの注射
  • 点滴
  • 抗ヒスタミン薬、気管支拡張薬、ステロイド薬の投与
  • 酸素吸入

などを行います。

症状が改善しない、あるいは重篤な状態の場合には、人工呼吸器、気管内挿管、心肺蘇生の処置などを行い、沖縄本島内の基幹病院にヘリコプターで搬送します。
しかし、悪天候時にはヘリコプターが飛ばないことがあります。

日中にヘリコプターで搬送される場合
所要時間:約2時間

救急車を要請

消防署から公立久米島病院にヘリコプターを連絡

沖縄本島内の基幹病院にヘリコプターを要請

医師同乗のヘリコプターが病院に到着

沖縄本島内の基幹病院に搬送

夜間又は悪天候時
所要時間:約4時間

救急車を要請

消防署から公立久米島病院に連絡

沖縄本島内の基幹病院に連絡

久米島空港から自衛隊機で
沖縄本島内の基幹病院に搬送




■公立久米島病院
〒901−3121
沖縄県島尻郡久米島町字嘉手苅572−3
TEL:098−985−5555
FAX:098−985−5565
公立久米島病院HP:


久米島